ポリフェノールとは

ポリフェノールとは、赤ワイン・緑茶・ゴマ・大豆・りんご・タマネギ・ブルーベリー・生姜・ウコン・柿・プルーン・イチゴ・カカオ(チョコレートやココア等)・紫芋等、多くの食品に含まれる成分です。

ポリフェノールは耐熱性に優れており、壊れにくいので調理する際に簡単に栄養分が無くなってしまうということはありません。

あと、ポリフェノールは果物などの皮に多く含まれているので、果物を食べる際は皮ごと食べられるものを選ぶといいです。

皮まで食べる事により、ミカンやグレープフルーツよりもブドウやりんごのほうがポリフェノール摂取量は多くすることが出来ます。

皮まで食べられないものでも、皮ごと煮てジャムやマーマレードなどに加工して摂取すると無駄の無く食品の栄養を体内に吸収する事が出来ます。

ポリフェノールは果実などに多く含まれているので、食後のデザート感覚で食べるようにすると上手に摂取していけます。

赤ワインにポリフェノールが含まれているという事実は有名ですが、飲みすぎには注意が必要です。 いくらポリフェノールが体に良いからと言って、アルコールをとりすぎてしまっては、体調不良などによる悲しい現実が待っています。

お酒好きの方、是非気をつけて下さいね(笑)