ポリフェノールと動脈硬化

血管は年齢を重ねていくとともに硬くなっていきますが、生活習慣の乱れや喫煙など様々なストレスによっても傷つけられてしまいます。

そうして放っておくと、血管の硬化はさらに促進していき健康な毎日の妨げにつながっていってしまうことが明らかになっています。

このように長い間悪い血管の状態を放置しておくと、その状態が心筋梗塞、狭心症、脳卒中といった動脈硬化性の疾患の発症を誘引してしまいかねません。

最近、血管の健康状態を把握する事が重要視されており、血管年齢という考え方が注目されています。血管年齢は、特に動脈の硬化度を指し示しており、年齢が上にいくにつれて硬化度が高まっていく事から、平均的な硬化度の進展を年齢で表現したものです。

すなわち、血管年齢が低い事は血管が健康な状態にあるという一つの目安になります。

そんな動脈硬化を予防する成分として、ポリフェノールが重要な役割を担っています。

ポリフェノールには抗酸化性のみならず抗動脈硬化、抗アレルギー、血流増強、眼精疲労の解消などに関する様々なデータが発表されています。

血管の元気は、明日への元気です。

是非一度、そんなポリフェノールをふんだんに含むプロポリス「赤水晶」をお試し下さい!