クロロゲン酸の成分と効能

クロロゲン酸は、コーヒーの生豆に多く含まれているポリフェノールの一種です。

クロロゲン酸は、消火器官や代謝性疾患を改善する作用が知られています。

また、熱を出してエネルギーを消費し、体温を保持する役割を持つ褐色脂肪細胞を活性化させる他、抗酸化作用、がんの抑制、メラニン色素生成の抑制効果などでも知られています。