フレンチパラドックスとは

「フレンチパラドックス」【french paradox】という言葉をご存知ですか?

フランス人は、脂肪分(動物性脂肪やチーズなど)を多く摂取しているにも関わらず、心臓病・脳梗塞・動脈硬化などで死亡する確率が低いという矛盾。

という意味合いで使用されています。 そして、その理由・原因を探ってみたところ、どうやら、赤ワインを多く飲む事に起因しているのではないか、という発表がありました。

その発表の後、赤ワインの中に含まれるポリフェノールが、動脈硬化などに効果があるとされています。

さらに、ポリフェノールの研究は進み、現在では、抗アレルギー作用、殺菌作用など様々な効果があることが発表されています。 具体的なものをみてみますと、、、

  • 脳梗塞や動脈硬化の予防効果
  • 活性酸素の抑制効果
  • 血中のコレステロールを抑制する効果(高血圧の予防)
  • 肝機能の向上効果(肝機能が向上することにより脂肪を分解する機能も向上)
  • ホルモン促進作用
  • 殺菌効果
  • 糖尿病の改善効果
  • 抗酸化作用(細胞の老化を防ぐ)

などが挙げられます。

ここで注意してもらいたいのが、ポリフェノールは前述の通り、ワインにだけ含まれているということではありません。厳密に言うと、ワインを作る際に使用する葡萄(ぶどう)に含まれています。

今年発表された統計によると、フランス人の平均寿命が

  • 女性 84.2歳→84.5歳
  • 男性 77.2歳→77.6際

に伸びており、現在フランスでは、100歳以上の人が、2万人を超えていますが、2050年には、8万人を超えてくるとも予想されています。